交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故に学生が巻き込まれた際の慰謝料の相談

どんな人が交通事故に巻き込まれるかわかりません。
時には高校生や大学生など学生が巻き込まれてしまうという可能性もあります。

病院での治療が必要な場合などは、交通事故慰謝料の相談を弁護士に行い、本格的に解決に乗り出す事もあるでしょう。会社員の場合には、その間収入を得られなくなるので休業損害を慰謝料請求できますが、学生の場合には学業の問題があります。学校をしばらくの間休まないといけない場合もあるでしょう。

時にはアルバイトをしているという事も考えられますが、なかなかその分まで慰謝料に反映してもらえない事もある様です。

交通事故で疑問に思う事や、どうすべきなのか分からない時には、ぜひ弁護士に相談を持ちかける様にしたいですね。

特に慰謝料の問題については、相談することで支払われる金額が変わってくることもありますので、自分の場合はどうなのか弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故の慰謝料に含む費用

精神的な苦痛のみが交通事故の慰謝料に含まれる分けではなく、内訳を見てみるといろんな費用が含まれています。

たとえば、交通事故により負傷する事で、バリアフリーに自宅を改築しないといけない時にも、その工事費用なども慰謝料にプラスしてもらえる様です。

確かに、交通事故が起きると被害者は生活の中でいろんな費用が必要になります。慰謝料に医療費が含まれる事は知っている人が多いと思いますが、どんな費用が含まれているのか確認したいですね。

かかる費用をすべて含めた上で、交通事故の慰謝料を計算して、不満が残れば交渉する事を考えたいですね。交通事故の慰謝料を確認して、必要な費用が漏れていないか確認したいですね。

被害者が死亡してしまった場合・遺族に支払う交通事故慰謝料

交通事故を起こしてしまった加害者は、その交通事故の被害者に損害賠償を行なうことになります。被害者が怪我をした場合には被害者の治療費や交通事故慰謝料、怪我によって減少した収入などを計算に含めて損害賠償を行なうことが必要です。

また、被害者が死亡してしまった場合には遺族から損害賠償請求が行われます。交通事故による支出や被害者が死亡したことで減少した収入などから支払う金額は計算されます。

しかし、被害者が死亡してしまった場合には、金銭面での賠償を行っても被害者が助かるわけではありません。そのため、遺族の苦痛ら悲しみに対する交通事故慰謝料を支払うことになります。

交通事故慰謝料のための自賠責保険加入は義務です

自賠責保険とは、任意の各種自動車保険と異なり、かならず加入しなければならない保険です。もしも交通事故を起こしてしまった時に相手への交通事故慰謝料分を補償するもので、加入が義務づけられています。

自ら望んで事故を起こす人はいません。自分は大丈夫と思っていても、起きてしまうのが交通事故です。もしも、対人事故や死亡事故を起こしてしまったら、発生する交通事故慰謝料は到底払える金額ではありません。運転者がお互いを守るためにも、交通事故の被害者を守るためにも、そして自分自身を守るためにも、もしもに備えて自賠責保険にかならず加入してください。

交通事故慰謝料の保険会社基準とは

不運にも交通事故に巻き込まれた場合、治療費のことも心配になります。それに加えて仕事を休まなければならないとか、入院しなけらばならない、後遺症が残る、死亡してしまった等々、様々なことがのしかかってきます。

それに対して金銭面で補償していくのが保険になります。例えば慰謝料に関して言うと、交通事故慰謝料には入院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。慰謝料とはその状態に対しての精神的苦痛を慰謝するための金銭的賠償ということになります。

これは一律に定まっているわけではなく、交通事故慰謝料の基準は自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士(裁判)基準と三つの方穂があります。自賠責保険は制度自体が法律で定められており、最低限の被害者救済を目的としているためその性質から上限額が定められています。不足分は各々が加入している任意保険会社が補てんするということになります。

設定されている補償金額は弁護士基準が一番高く、次いで保険会社基準、自賠責保険基準の順になっています。 保険会社基準はそれぞれの保険会社が定めており、独自のものなので基準額を公表はしていません。弁護士基準に比べるとかなり低い設定となっているようです。

交通事故慰謝料の後遺障害における相談とは

交通事故の後遺障害が認定されて、慰謝料の請求になった際に、もしかしたら安い基準での交通事故慰謝料が、支払われている可能性がありまます。加害者側には保険会社もついていますので、人によっては言いくるめられてしまう人もいます。

それくらい慰謝料の金額設定は慎重に行われています。そのようなケースに一人で太刀打ちできない場合には、自分も専門の機関や弁護士に相談し、依頼してみることです。中には弁護士費用がもったいないと感じる人もいるかも知れませんが、慰謝料の金額によっては倍以上違うケースもありますので、慎重な対応が必要となります。

主婦の交通事故慰謝料とは

主婦がパートの帰り道、交通事故の被害にあった事例では、保険会社の提示で休業損害の手当てが、パート代が適用されていることがあります。ですが、専業主婦であっても家事としての休業損害が保証されていますので、兼業主婦の場合なら、パート代か主婦のどちらか高い方を協業損害として、請求できるものです。

保険会社は独自の計算方法をおこなっていますが、交通事故慰謝料の相場より、はるかに低いのが現状です。一般的に知られていないことですから、そのまま鵜呑みにする方もいいかもしれません。そのため、相手の保険会社から示談をもちかけられたら、まず、交通事故専門弁護士に相談されることをおすすめします。

交通事故慰謝料の現状について

交通事故慰謝料の現状については3つの基準があり、その基準に基づいて被害者側に慰謝料が支払われます。弁護士などの専門の機関に相談しなかった場合には、自力で示談交渉を行うことになりますが、その際に知っておくべき重要なポイントがあります。

交通事故慰謝料については3つの基準で定められていて、どの基準になるかで支払われる金額が大きく変動することとなります。知らない場合には、任意保険会社が提示する少額の基準になってしまうことも考えられます。1番高い基準となる弁護士基準を希望する場合には、弁護士を雇った方が有利になります。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談に関する情報