交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故についての相談
交通事故の慰謝料相談
弁護士、法律事務所で離婚相談
相続手続き、遺言書作成
過払い・債務整理

交通事故は弁護士相談のTOP > 交通事故慰謝料

目次

  1. 交通事故の慰謝料相談は特約を活用
  2. 交通事故慰謝料と治療の日数について
  3. 被害者の通院に対する交通事故慰謝料
  4. 高速道路の事故での交通事故慰謝料
  5. 交通事故慰謝料の計算をするなら弁護士に相談
  6. 入院した場合の交通事故慰謝料
  7. 被害者が亡くなった場合の交通事故慰謝料の相談は誰が?
  8. 交通事故慰謝料の詳細について
  9. 交通事故慰謝料のポイント
  10. 正当な金額の交通事故慰謝料をもらう方法
  11. 交通事故慰謝料に納得できないときは専門家へ
  12. 交通事故慰謝料請求の際に助かります
  13. 交通事故によって精神的に受けた苦痛を賠償する交通事故慰謝料
  14. 交通事故慰謝料の保険基準

交通事故の慰謝料相談は特約を活用

弁護士事務所に支払う慰謝料相談の費用は交通事故の被害者にとって、かなり家計が厳しいと感じる事もあるかもしれませんね。
それならまず保険の特約を活用できるか調べてみてはどうでしょうか。

もし、可能であれば利用するとかなり負担を楽にする事ができるでしょう。

特約の中に含まれていると分かれば、交通事故慰謝料の相談を戸惑ってしまう事なく、すぐに取り掛かる事ができるでしょう。経済的な事を理由に解決を断念したくないですね。

もしもの時のために交通事故慰謝料相談を弁護士に行うことは考えておきたいですね。

自動車保険の弁護士特約というものがあるっていうことは交通事故慰謝料、賠償金の相談が多く、もめるってことでもあるでしょう。

自動車保険の更新の時にはちょっとチェックすることを気に留めておいて損はないでしょう。

交通事故慰謝料と治療の日数について

交通事故慰謝料の支払額については、通院や入院の日数によって、大きな違いが見受けられることがあります。

特に、長期的に治療を継続する必要がある場合には、医師の診断書の提出をすることが大きなポイントです。

現在では、交通事故慰謝料の支払い方法に関して、様々なメディアでピックアップされることがありますが、早いうちから積極的に情報収集をすることが望ましいといえます。 もしも、交通事故慰謝料の計算の仕方について知りたいことがある時には、まずは信頼のできる弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

被害者の通院に対する交通事故慰謝料

賠償金には4種類あり、そのひとつが交通事故慰謝料となります。被害者の通院に対する交通事故慰謝料には基準があり、自賠責保険では被害者の重傷度に関わらず、機械的に決まります。

通院の頻度と期間で決まることになりますが、任意保険基準と弁護士基準では、これにプラスして、けがの重傷度も考慮されます。

 慰謝料の額は、自賠責基準と任意保険基準は同じようなものですが、弁護士基準は格段に高額となります。

裁判をした場合に適正とされる金額ですので、それが本来の慰謝料額と言えるでしょう。しかし、個人で交渉していては、その額は得られないのが現実です。

高速道路の事故での交通事故慰謝料

交通事故慰謝料は、自賠責保険基準の場合は、入通院の期間と通院頻度によってのみ決まります。事故状況や事故の場所は関係がないので、高速道路で起きた事故であっても、影響はありません。

ただ、赤信号無視や無免許運転、飲酒運転などの場合は、慰謝料増額事由に該当し、裁判基準でなら交通事故慰謝料が割り増しとなる可能性があります。

しかし、自賠責基準や任意保険基準では、慰謝料該当事由にいくつ該当していようとも、それによって慰謝料が増額されることはありません。

弁護士に依頼するか裁判する以外に、増額される道はありません。

交通事故慰謝料の計算をするなら弁護士に相談

交通事故慰謝料を計算方法は、素人には難しいです。保険会社は利害が対立しているので、保険会社に任せるというのもよくありません。交通事故慰謝料の相場を知るには、弁護士に相談をすることが一番の方法です。

交通事故慰謝料の計算方法は、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準の3種類がありますが、弁護士に依頼をすれば一番高額になる可能性のある基準で金額を算定してもらえます。

場合によっては、2倍、3倍となることもあるので、保険会社の言いなりになっていると大きく損をしてしまうこともあります。

小さな怪我でも、思った以上の金額がもらえることもあるので、相談だけでもしておきましょう。

入院した場合の交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の算定基準には、自賠責基準と裁判基準がありますが、自賠責基準では、交通事故慰謝料に関しては、入院と通院を分けて扱ってはいません。

入院も通院も同じとして、金額を算出しています。

裁判基準では、けがの重傷度を重視しますから、入通院は分けて算出します。被害者としては、裁判基準での算定を求めたいところですが、それは弁護士がついた場合だけ適用される基準となります

。弁護士がついていない場合は、自賠責基準となり、入通院は同じとして扱われます。交通事故で重傷を負った場合は、事故直後から弁護士に相談することが望まれます。

被害者が亡くなった場合の交通事故慰謝料の相談は誰が?

交通事故の中でも最悪なのが死亡事故です。自分の家族や友達が事故にあって亡くなってしまったらと考えるととても怖いです。

しかし日本のどこかで毎日事故が起きています。交通事故慰謝料には被害に合った人が死んでしまった場合にも支払われるものがあります。

この場合には本人は亡くなってしまっているので、代わりに相続人の人が相談、請求をかけることになります。

相続人にあたる人は誰なのかは戸籍謄本などで調べる必要があります。基本的には被害者の両親、子供、配偶者となっていますが、場合によっては兄弟や従兄などでも認められることがあるようです。

交通事故慰謝料の詳細について

交通事故慰謝料は、交通事故における被害者の精神的な心の痛みをお金に換算し、支給されるものになりますが、交通事故に関わらず精神的な苦痛を数値で表すのは難しいこととされています。

交通事故の慰謝料についてはこれらの数値を基準として、任意保険基準や自賠責保険基準、弁護士基準における3つの基準が採用されています。

どの基準が採用されるかは、加害者側の提示によってかわってきますが、はじめに提示される基準はある程度低い金額である可能性が高いと言えます。

正当な慰謝料を受け取るためには、弁護士を雇うことをおすすめします。

交通事故慰謝料のポイント

交通事故慰謝料の請求が必要となる事例として、交通事故に遭った際の怪我による治療費や入院費、また仕事の休業に迫られた場合などの補償の受け取りが一般的に挙げられます。

加害者と被害者の間には保険会社の担当者が入り、お互いの主張や条件提示などが交互にやりとりされます。

当事者同士での問題がスムーズに解決されない時には、被害者が弁護士などの法律専門家の存在を利用するケースも見受けられます。

無料での相談業務が取り扱われていることも多く、法律に基づいたアドバイスや判断を求めたい時には特に、心強い味方となるでしょう。

正当な金額の交通事故慰謝料をもらう方法

一概に交通事故慰謝料といっても、その中身は複雑です。被害者と加害者双方の言い分、事故の状況によって、請求できる金額などが異なるからです。

自動車保険に入っていると、自賠責保険、任意保険などの事例から、それに即した示談の金額が決まっているようです。

自賠責保険で決まった金額に納得いかない場合、またそれ以上の事故の場合は、損害保険会社の担当者を通して話をすることになります。

それ以上になると、弁護士に依頼をして裁判をする形となります。納得のいく慰謝料が支払われるように、それぞれが歩み寄ることも大切になってきます。

交通事故慰謝料に納得できないときは専門家へ

思わぬ交通事故に遭ってしまったとき、立場や過失の度合い、ケガの程度などによって賠償金や交通事故慰謝料の額は変動してきます。

自動車事故の場合は、運転手が必ず加入している自賠責保険か任意で加入している保険会社が交渉をしてくるのが一般的ですが、追突事故や対歩行者の事故などでは、加害者の過失の度合いがかなり高くなることが多くなります。

しかし、保険会社を通す場合は、交通事故慰謝料も必要最低限の金額の提示であることがほとんどであるため、被害者が納得できない場合は弁護士などを立ててしっかり計算してもらうと良いでしょう。

交通事故慰謝料請求の際に助かります

交通事故に自分だけは遭うなんてあるわけないだろうと思っている方は意外に多くいます。そのため、自分が交通事故に実際に遭うとパニック状態に陥ってしまうのです。その際に精神的にサポートしてくれるのが、弁護士事務所の担当先生や保険会社の方々です。

加害者の方との対応から慰謝料請求とかのややこしい話をキチンとまとめて下さいます。

慰謝料には通院や入院により慰謝料金額も違うようなのでホントに素人では分からないところをサポートしてくれます。相手の加害者は出来るだけ慰謝料金額を下げたがるのが当たり前に考えることらしいのですが、交通事故慰謝料請求の際に助かります。

交通事故によって精神的に受けた苦痛を賠償する交通事故慰謝料

交通事故にあって被害者となった場合、加害者に対し交通事故慰謝料を請求できますが、原則として次の3つの場合にのみ請求が認められます。

1.「障害慰謝料・入院慰謝料」交通事故で怪我を負い病院に通院または入院をした場合に請求できます。

2.「死亡慰謝料」交通事故により死亡してしまった場合に請求できます。

3.「後遺症慰謝料」交通事故により後遺症が残ってしまった場合に請求できます。

怪我により入院の後に死亡した場合は「障害慰謝料」と「死亡慰謝料」とをあわせて、怪我をして入院し治療を受けたにも関わらず後遺症が残ってしまった場合には、「障害慰謝料」と「後遺症慰謝料」という様にあわせて請求することができるのです。

交通事故慰謝料の保険基準

交通事故慰謝料の保険基準には自賠責保険基準と任意保険基準があります。自賠責保険の場合、入通院慰謝料は一定額で一日4,200円です。

日数は(入通院日数×2)またはすべての治療期間で算出され、いずれか少ない方が適用されます。

また、交通事故による後遺障害が認められた場合は、入通院慰謝料に加えて後遺障害慰謝料が発生します。

ことらは後遺障害の重度により金額が異なります。被害者の方が死亡してしまった場合は、被害者本人とその遺族に対する慰謝料の両方が発生します。

一方、任意保険基準は各保険会社独自の計算方法があり、基本的にその計算方法は公開されていません。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談に関する情報

メニュー

TOP 交通事故相談 交通事故弁護士 千葉の交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 弁護士 市川の弁護士 大阪の弁護士 相続 相続手続き 遺言書作成 過払い 債務整理

交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続き、遺言書作成、過払いの情報以外についてのお問い合わせはここ

交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続き、遺言書作成、過払いはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故が得意な弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続き、過払いの相談をしましょう。