交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

不倫の離婚相談は離婚弁護士に

旦那の帰りがここ最近遅いと思ったら、なんと会社の女の子と不倫していたなんて、ドラマでよくあるパターンですよね。

しかし、うちには関係ないことと思っていた家庭に限って起こりうることなのです。

最近、なんだか様子がおかしい、調べてみたら、やっぱり浮気してたということがあるようです。特に、お風呂まで携帯を持っていく旦那さまは、かなり高い確率で怪しいのではないでしょうか。

もしも、話し合いが冷静に行えず、スムーズに離婚が成立しないような場合は、弁護士にすぐ相談しましょう。

離婚弁護士に相談をして、給料差し押さえをしよう

離婚をしても、浮気慰謝料や養育費を途中から支払わなくなる元夫は多いようです。そんなことにならないように、離婚時にはしっかりと離婚弁護士に相談をして、公正証書を作成しておくべきです。

公正証書を作成していれば、それが証拠となるので、簡単な手続きで強制執行をすることができます。公正証書を作成していない場合でも、養育費の請求はいつでもできますし、浮気慰謝料についても請求ができる場合があります。

まずは離婚弁護士に相談をしてみましょう。強制執行の方法としては、給料差し押さえが最も有効です。給料差し押さえをされると会社にバレるので、精神的なプレッシャーを与える効果もあります。

浮気離婚慰謝料を支払う義務があるのは?

浮気離婚慰謝料は、離婚をすると必ずもらえるものでもありません。不貞行為があった場合にのみ、発生するものです。さらに、裁判で勝つには不貞行為の証拠が必要になるでしょう。探偵に依頼をして、不貞行為の証拠を入手するのが一般的です。

話し合いで和解した場合や、裁判で認められた場合には、浮気離婚慰謝料を支払う義務が発生します。話し合いで和解した場合には、口約束だけですませず、公正証書を作成しておくことが重要です。浮気離婚慰謝料を途中から支払わなくなる人も多く、後からトラブルになることは多いので、弁護士に相談をしておくだけでもしておくべきでしょう。

離婚弁護士の選び方

「離婚をしよう」と決めたら、感情的なことは横に置いて、現実的な話し合いを進めなくてはいけません。離婚をするにあたってはトラブルにならないようアドバイスをしたり、代理人としての役割を果たしてくれるのが離婚弁護士です。

ですから自分の代わりに交渉等をしてくれる弁護士の選び方は、慎重にならざるをえません。できるだけスムーズに短期間で片づけたい、と思う人が多いでしょう。

しかし、協議内容がしっかりしていなくては何の意味もありませんから、離婚問題を扱った実績豊富な弁護士を選びましょう。二人三脚でやってくれる人かどうかの見極めは大切ですね。

相手が既婚の場合は離婚弁護士に依頼する

自分が未婚で、相手が既婚の場合に、相手の配偶者に浮気がばれたら、浮気慰謝料を請求される可能性が高いので、出来るだけ早く離婚弁護士に相談する必要があります。離婚弁護士であれば、浮気慰謝料の相場などもしっかり把握していますし、この際どのように対処したらよいか、相談にも乗ってくれることでしょう。

相手が既婚である場合には、通常、浮気の言い訳などは通りませんから、ここは速やかに離婚弁護士などの法律の専門家に対処してもらうしかありません。そして、慰謝料の支払いは、決まった額を速やかに支払って、きっぱりと別れることでしょう。

離婚で弁護士に子供の相談をする

自分達のこれからについてはもちろん大事ですが、離婚に当たり自分たちの子供の相談をする人もいます。離婚をすると、子供の親権はどちらが得るのか、そして面会はどうするかを決めないといけません。

また、離婚で子供が傷つかない様にするには、どうすればいいかという事で相談する人もいます。親の離婚は子供に大きなショックを与える事も少なくない様です。

子供が大きく成長してからではなくて、まだ幼い子供を持つ夫婦が離婚をする事もあります。メンタルの相談をするため、カウンセラーに子供の相談をする人もいます。

弁護士に相談をしながら、夫婦にとっても子供にとってもベストな道を歩む事ができればいいですね。

離婚と弁護士に関する情報