交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

過払い請求をするなら依頼したい事務所を選ぶポイント

多重債務などで、生活が成り立たず、もう一度生活を立て直したいと考えている方もいることでしょう。また、そのような場合には、過払い金が発生していることが十分に考えられますので、過払い請求なども必要に応じておこなうことが重要です。

ところで、一口に過払い請求といっても、さまざまな問題があるので、債務者が自分でおこなうのは、たいへんに難しいのが現実です。そこで、法律の専門家に依頼して、債権者との間に入ってもらう必要が生じるというわけなのです。その場合、事務所を選ぶポイントとしては、過払い請求を数多く手掛け、専門としているところに依頼するのが良いでしょう。

大阪で過払い請求の相談をする際に司法書士に依頼してみる

過払い請求というのは、本来払う必要のなかった払い過ぎた分のお金を返却してもらうように請求する仕組みです。 ですから過払い請求をしたからといってなにかマイナスなことが起こるといったことは考えられません。

ただし請求できる期間には期限があり、時効がありますから心当たりがあるのであれば早めに司法書士などの専門家に調べてもらうとよいでしょう。 大阪や京都の司法書士では、相談は無料というところも少なくありません。そして過払いがありお金が戻ってくれば、牛宅ローンの頭金などにすることも可能です。 まずは相談してみるとよいでしょう。

大阪での過払い請求と事例について

過払い請求手続きはいつまでも行うことが出来るわけではありません。時効が設けられていますので、最後に利用をしてから10年を経過すると時効を迎えますので、手続きを行ってもお金は戻ってきません。過去に借金をしていたという人の中には、記憶が曖昧であったり、当時の取引履歴などがないという事も多いようです。

しかし、大阪や京都で過払い請求を行った人の事例を見てみると、取引履歴などの借金の返済をしていた当時の資料が手元になかったり、記憶が曖昧であった人でも手続きを行い、お金を取り戻すことが出来たという場合もあります。場合によっては、多額のお金を取り戻すことが出来る可能性もあります。

過払い請求の時効はいつまでなの?

過払い請求の時効は、10年です。貸金業者と最後に取引をした日から10年が経過すると過払い請求の手続きができなくなってしまいますので注意が必要です。ですので、手続きを考えている場合は貸金業者との取引履歴の日付を確認して、余裕を持って早めに行うことが大切です。

過払いは、取引の際の金利が利息制限法で定められている利率の上限を上回った場合に発生します。長期的に取引をしていた場合は多額の過払いが発生している可能性が高いので、手続きをすることでまだその貸金業者に債務が残っている場合は借金の大幅な減額につながりますし、既に完済している場合はちょっとした臨時収入になります。

過払い請求の現状とは

実は過払い請求には期限があり、完済してから10年が前提となります。又、過払い金が多く発生していると考えられる期間がグレーゾーン金利の営業が主流だった2007年以前の頃に借金をされていた分になります。

そして現在は2017年で、グレーゾーン金利の廃止が制定されてから10年になります。2007年以降にも返済が続いている人はいいですが、2006年の前に返済が終了してしまっている場合には、急がないと受け取れるお金が数十万や、数百万単位で受け取れなくなってしまいます。少しでも当てはまる場合には弁護士などの専門の先生に問い合わせした方がいいと言えます。

過払い請求はまず弁護士に相談

消費者金融やカードローンの会社は、法律が定める利息より高い利息を取ってはなりません。しかしこの上限となる利息が、平成20年以降に改正されたため、人によっては利息を取られ過ぎている可能性があります。

この場合、過払い請求をすれば返金を受けられます。ただしこの権利には時効があり、取引が終了してから10年を過ぎると、請求が困難になります。従って過払いの疑いがあるなら、速やかに弁護士に相談することが推奨されます。過払い金があるかどうかわからない場合は、弁護士事務所に相談すれば調査してもらうことが可能です。

過払い・債務整理に関する情報