交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故慰謝料で知っておきたい任意保険基準と弁護士基準の知識

交通事故で怪我を負うと、被害者には交通事故慰謝料を含む損害賠償金を加害者に請求できます。 交通事故慰謝料は、被害者の精神的な苦痛を一定のルールで明確な金額に換算するために、前もって基準が決められてます。

加害者側が提示してくる交通事故慰謝料は加害者が任意で入っている自動車保険会社が使っている任意保険基準を使って計算されていますが、これは自社の利益を守るために、これ以上下げると法律違反となる自賠責基準で計算している場合の金額とほとんど変わらない金額になっていることがほとんどです。

ですので、被害者が加害者側が示してくる損害賠償金の金額に納得できないことが多いのは、このように安く抑えた方法で計算しているためです。 このように安い損害賠償金に対抗するためには、交通事故の示談交渉の経験が豊かな弁護士に相談して、弁護士基準を使った方法で計算してもらうと、被害者の被った被害に応じた金額の損害賠償金を割り出すことができるため、加害者側に対抗する根拠を示すことができます。 被害者は、交通事故の示談交渉に臨む前に、弁護士に示談交渉の代理人になってもらうことの重要性や、任意保険基準や、弁護士基準についての知識を得ておく必要があります。

交通事故慰謝料で弁護士が入ると弁護士基準が採用される理由

車は便利な移動手段なので多くの方が利用していると思われます。通勤、通院、買い物、家族の送り迎え、レジャーなど様々な場面で使われます。ただ、車によって多くの交通事故が引き起こされている側面があることも認識しておくべきです。事故を起こして誰かに怪我をさせたり、命を奪うことになれば交通事故慰謝料を支払わなければいけません。

弁護士が間に入った場合は弁護士基準が採用されます。その理由はシンプルで、自賠責基準や任意保険基準よりも高い慰謝料になるからです。具体的に見てみると、任意保険基準と比べて一家の支柱が亡くなった場合は+1100万円、母親や配偶者が亡くなった場合は+1000万円、その他は+700万円くらいの交通事故慰謝料となります。もちろん、優秀な弁護士がつくと、それ以上の慰謝料となってしまうことがあります。

したがって、事故を起こして誰かの命を奪うことになれば多額のお金を払う責任が生じるので、任意保険に加入することが絶対に必要です。いくら運転技術が高い人でもちょっとした油断で事故を起こしているので、自賠責保険で十分という考えはナンセンスだと言わざるを得ません。万が一の事態が起こってからでは遅いので、安易な選択は禁物です。 

交通事故慰謝料弁護士基準の詳細。

交通事故慰謝料での弁護士基準と弁護士の着手金について

交通事故慰謝料は、肉体的苦痛と精神的苦痛に対して支払われるものです。治療費や休業補償と違い、算定するのが難しい賠償内容です。交通事故は件数が膨大であるため、自賠責保険ではケースバイケースの対応とはせず、基準をあらかじめ定め、それに機械的に当てはめて交通事故慰謝料を算出します。

自賠責基準はけがの重傷度が考慮されない算出方法であり、入院と通院の区別もなく、加害者の態様も影響しません。弁護士基準では、けがの重傷度が考慮されますし、入院と通院も分けて計算します。加害者の態様が慰謝料の増額事由とされ、ひき逃げや証拠隠滅などがあった場合は増額されます。弁護士基準が適用されるのは、弁護士に依頼した場合か、裁判に訴えたときだけです。

調停では、加害側が拒否した場合は解決しませんので、確実な方法ではありません。加害者側が任意保険に加入していて、被害者に弁護士がついた場合は、調停や裁判に至る前に、決着することが多いです。弁護士の着手金は、被害者が重傷であれば、無料としているところも少なからずあります。報酬の支払いは、損害賠償金が出てからとしているとこともあり、そうしたところに依頼すれば、一時的にでも自己負担する必要がありません。

交通事故慰謝料での弁護士基準と軽度な事故の場合

交通事故慰謝料での弁護士基準と軽度な事故の場合の対応の仕方について詳しく知りたいことがある場合には、腕利きのスタッフがそろっている法律事務所にいち早く問い合わせをすることがとてもおすすめです。最近では、交通事故に関する慰謝料の問題に悩まされている人が珍しくありませんが、いざという時に備えて、熟練のスタッフと話し合いをすることによって、様々なリスクを回避することができるといわれています。

また、リーズナブルな価格のサービスの利用方法に関しては、大手の法律事務所の公式ホームページなどに詳しく紹介が行われることがあるため、本格的に依頼先を見つけるために、色々な立場の人の体験談をチェックすることが良いでしょう。ニーズの高いサービスが行われている法律事務所の選び方については、一般の消費者の間で、経済的なリスクを避けるうえで、度々意見交換が行われることがあるため、本格的に交通事故慰謝料に関する悩みを解消するために、依頼先のシステムの良しあしを判断することがコツです。

その他、アフターサポートが徹底している法律事務所のメリットやデメリットを総合的に理解することで、忙しい生活を過ごしている人であっても、余裕を持って対処をすることが可能となります。

交通事故慰謝料に強い弁護士基準について

多くの方にとって、弁護士への依頼をする機会は人生の中で頻繁にあるわけではありません。しかしながら交通事故に巻き込まれた際には自分の過失があっても無くても、交通事故慰謝料の請求などを理由として弁護士に依頼する必要性が生まれます。

交通事故慰謝料の金額は弁護士の技量などに大きく左右されます。そこで弁護士の選び方は非常に重要となります。そもそも、弁護士には得意分野があります。過払い金請求、刑事裁判、相続、交通事故などはそれぞれを得意としている弁護士に依頼することが重要です。弁護士にとっても得意分野の依頼は是非とも来てほしいと考えているはずなので、ホームページなどを確認すれば得意分野はすぐに分かります。

ただ、弁護士には日本弁護士連合会の広告に関する規定を守る義務があります。そのため、あまりにも過剰な広告を見つけた際には注意が必要です。交通事故に強い弁護士を見極めるためには事務所のホームページにて交通事故への対応が記載されていることと、過度な広告を打ち出していないことを確認しておきましょう。優秀かどうかの弁護士基準に明確で絶対的なものはありませんが、インターネットでの口コミなども非常に参考になります。

交通事故慰謝料は弁護士基準で

交通事故に遭ってしまい被害者となった場合、最もよく被るのがむちうち被害です。運が悪ければ後遺障害を被ることもあります。どちらも身体的な被害だけでなく、精神的な苦痛を伴います。弁護士は弁護士基準で交通事故慰謝料を算定し、煩雑な手続きを代行してくれます。

治療に専念すべき時は弁護士に任せて治療に専念するだけでも、ケガの治りも変わります。交通事故に遭うと保険会社が一番頼りになるかというと、そうでもありません。保険会社は、事務的に手続きを進めるだけで、必要最小限のことしかしてくれません。むちうちなどで、治療の途中で保険料の支給を中止されるケースも出ています。

交通事故慰謝料は弁護士基準でもらいましょう

交通事故に遭われた場合、一番初めに考えないといけないのは、今後の生活の事です。交通事故のせいで、数日仕事を休めば給料も少なくなってしまいますし、長期休養となればものすごい額の損害を与えられることになります。

そうした損害を、交通事故慰謝料という形でもらうことが出来ます。一口に慰謝料といっても、事故の状況やケガの具合によって、金額は大きく異なります。特に後遺障害のむちうちの場合は、自分で説明するのが難しく、適正な評価を得られない可能性がとても高いのです。そういう時に利用したいのが弁護士です。弁護士は弁護士基準での、慰謝料請求をすることが出来ますので、高額を請求することが出来ます。

弁護士基準は交通事故慰謝料で大活躍

交通事故慰謝料の請求において一番保険会社と揉めるケースが多いと言われているのが、むちうちによる後遺障害によって請求をかけるケースです。なぜ揉めるのかというと、むちうちという怪我が擦り傷や骨折のようにわかりやすい怪我ではないことが大きな原因です。

保険会社から「もう治っているでしょ?この金額分しか出せません。」と言われる場合が非常に多いようです。そうなった場合には弁護士に相談をしてみましょう。弁護士は弁護士基準と呼ばれる基準を熟知しており、それを元に保険会社と交渉することができます。実際に弁護士が交渉した事によって任意保険の3倍の保険料が支払われたとうケースもあるようです。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故の慰謝料相談に関する情報