交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故で死亡した場合の慰謝料は弁護士に相談しよう

交通事故で死亡した場合、一般的にはその人が生きていた場合の生涯賃金やその他の経済的な利益と、家族に対する精神的な苦痛を鑑み相当額の慰謝料が支払われるのが一般的です。

しかし相手方の保険の加入状況によってはそれよりもはるかに低い金額での示談を求められることが少なく有りません。一般的には相手方の保険会社がその基準に則って計算し提示してくる金額ですが、これがあまりにも低い場合が多いのです。

また相手の支払い能力が無いことを理由に低い金額での示談を強いられるケースもあります。 このような場合には、弁護士に相談することで請求額を勝ち取ることも可能です。弁護士の基準はより高額な上、裁判で相手の支払い能力に関わらず賠償金額を請求することも可能になります。

示談が無理なら弁護士などに交通事故相談

交通事故を起きた場合、損害賠償などの処理は、まず加害者と被害者の間の示談交渉に委ねられます。しかし交渉したくても、加害者側が話し合いに応じてくれないというケースもたまにあります。

そういう場合は、まず内容証明郵便を送りつけてやるといいです。内容証明郵便を送りつけられると、加害者も話し合いに応じないとヤバイと思い、ほとんどの人は話し合いに応じてくれるようになります。

それでも示談交渉に応じない場合は、弁護士などに交通事故相談して訴訟を起してしまうのも手です。また裁判所に交通事故相談して調停で解決するという方法もあります。

加害者の姿勢に対する交通事故慰謝料

 ひと昔前と違い、現在、交通事故の加害者はよほどのことがない限り起訴されません。それがわかっている加害者は、交通事故慰謝料増額事由に当たる行為をいともたやすくおこなう傾向にあります。

それによって不利になるわけではないため、歯止めになるものがないようです。増額事由とは、ひき逃げや証拠隠滅、被害者への責任転嫁、被害者への提訴などです。民事では、裁判基準が適用されれば、それによる交通事故慰謝料の増額がなされます。しかし、自賠責基準や任意保険基準では、増額事由にいくつ当てはまろうと増額されることはありません。

交通事故の慰謝料の交渉と弁護士の相談の仕組み

交通事故に関する慰謝料の交渉をするためには、法律に詳しい弁護士に第三者として立ち会ってもらうことがおすすめです。 この頃は、交通事故に関連する無料相談のサービスが優れている法律事務所の見つけ方について、一般の消費者の間でしばしば話題となることがありますが、落ち着いて依頼先を見つけることが成功のカギとなります。

そして、交通事故の交渉の仕方については、人それぞれの年齢や職業などによって、大きな差が出ることがありますが、腕利きの弁護士にサポートを依頼することによって、短期間のうちにしかるべき対応をすることができます。

交通事故慰謝料の事例とは

交通事故は全国いたる所で起きており、様々な事例があります。特にお金関係では揉めることが多く、混打つ事故慰謝料を巡るトラブルは非常に多いです。交通事故慰謝料でトラブルが起きてしまった事例はそれこそ沢山あります。

例えば「保険会社から提示された金額に納得ができない」「治療費について加害者の人ともめてしまった」「後遺症が残ってしまったのに認めてもらえない」といったことなど内容も多岐に渡っています。最近では車の事故だけでなく、自転車の事故も増加しており、昔よりもさらに内容は複雑化しています。そのため交通事故を専門に取り扱う弁護士も増加しています。

交通事故慰謝料に重要な相談

交通事故の被害を受けてしまった場合、死亡事故も含めて、加害者との間では交通事故慰謝料についての交渉が行われます。保険会社による介入の下、金銭面における条件提示など話し合いが進められますが、個人同士ではスムーズに進まないケースも見受けられます。

また、より大きなトラブルを発生させたくない時などに利用されるのが、弁護士などの専門家への相談です。専門知識を駆使して的確に対応してもらえることはもちろん、条件内容について意見を述べたい場合、さらに提示された金額が相場なのかどうか知りたい時など、心強い味方となるでしょう。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故についての相談に関する情報