交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

後遺症の慰謝料は交通事故弁護士のサポートで増額可

交通事故の被害者になってしまい、その事故が原因で後遺障害として認定される後遺症が残ってしまった場合は後遺障害に対する慰謝料や逸失利益などの賠償金も加算して請求することができます。ここで、後遺障害については障害として認定された等級の数字に基づいて慰謝料や賠償金が決定されます。

この後遺症の等級は、交通事故に遭ってしまったら早めに交通事故弁護士の先生に相談しておくと申請に関するアドバイスがもらえて有利です。また、認定された等級に関しても、交通事故問題が得意な弁護士の先生なら再申請や異議申し立てなどの手続きでより被害者が有利になるよう増額の交渉をしてくれるはずです。

交通事故弁護士に交渉を任せると有利になれる

交通事故弁護士に示談交渉を任せると、依頼者に有利な結果となる期待が持てます。その理由の一つは、専門的な知識、特に交通事故問題について詳しいため、それを基に相手と交渉を行う結果、相手も納得して示談に応じることができるからです。

あやふやな知識を基に交渉したとしても、相手は首を縦に振ることはありません。そのため、交通事故弁護士は主張に説得力を持たせることができます。そして理由の二つは、交渉能力に優れているという点です。弁護士は法律知識だけではなく、交渉能力を有していますので、その時々にどういった行動をとるのがベスト化を知っています。そのため、有利な内容の交渉をまとめる期待が持てます。

交通事故専門の弁護士が入ると早期に解決が

交通事故の示談交渉は、被害者個人でおこなうのはやめておいたほうが無難です。交通事故は専門性が極めて高い分野であり、被害者は交通事故に関してはまったくの素人であるため、加害者側が任意保険会社であった場合、対等な交渉などとてもできないからです。

知識がないために、不当に低い額で示談してしまう例が多く、そうした事態を避けるには、早い時期から専門の弁護士に依頼することです。専門の弁護士がつくことで、妥当な示談内容で解決できることが多いです。被害者個人でいくら妥当な示談を主張しても聞き入れられませんが、同じ内容でも法律事務所がつくと、すぐその内容で示談となることが少なくありません。

交通事故弁護士の相談には示談になる前に行くこと

交通事故に遭ってしまった場合、まずたいてい怪我をしているために、最初から弁護士に依頼することは難しいのが現状です。しかし、そんなときでも、治療費の計算や慰謝料の計算など刻々とすることがあり、被害者も大変です。

そして、気づくと相手の保険会社が示談交渉にやってくる。そのようなことがよくあります。しかし、そのようなときに、早まって交渉をしてはいけません。なぜなら、示談とは「この件については納得したのでもう蒸し返さない」ということです。

それに一度サインしてしまったら後で気づいても何もいえません。そんなときは、交渉の前に交通事故弁護士に一度相談すると得です。弁護士相談だけなら無料のところもありますので安心です。

交通事故相談で弁護士と共に対応

自分一人だけで事故対応を済ませるという事はとても難しい事です。そのため、交通事故相談を行うと、弁護士と共に残りの問題を解決していく事ができます。そして、大きな事故であったり、複雑だと思われる場合には、できるだけ弁護士に対して交通事故相談を行った上で、解決を目指すといいでしょう。

弁護士に対して交通事故相談をする事が難しいと感じている人もいる様ですが、抱えている問題を解決するという事を優先的に考えた場合、やはり法律家の力が何らかの形で必要になる事もあります。できるだけ躊躇わないで、交通事故相談を受ける様にしましょう。交通事故相談を受ける事で、状況が変化していく事もあります。

交通事故相談を請け負う弁護士について

交通事故の被害に遭い、保険会社の慰謝料で相談するなら、どこの弁護士でも良いというものではありません。それは、後遺障害の医療知識が乏しいことがあげられます。

例えば、事故後に腕に違和感やしびれるといった場合、整形外科で受診してもらっても、画像に原因が写し出されない場合など、いくら本人が訴えたところで、医師が確認できなければ、医師の判断によって正確な診断書がかかれない場合があり、そのため、後遺症認定がされないケースもあります。一方交通事故相談を行う弁護士なら、その症状にあった診療科を進めてくれたり、これまでの後遺症の症例から認定させることが可能となります。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故についての相談に関する情報