交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故慰謝料が納得いかない時

交通事故の被害に遭った場合には慰謝料を請求することができますが、その額については保険会社と相談をすることになる場合が大半です。 しかし保険会社はこういった話し合いに慣れているので、相手の思うように慰謝料の額を決められてしまう場合もあります。

ですから交通事故の被害に遭って慰謝料を請求したいと思ったらまずは弁護士に相談をするのが良いです。 そして実績豊富な人に任せた方が安心できるので、ある程度年齢を重ねた弁護士に相談をするのが良いです。 こういった問題は後から後悔しても始まらないので、その前にしっかりと専門の人に相談に乗ってもらうことが大切です。

入院と通院に対する交通事故慰謝料

交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と、後遺障害慰謝料があります。自賠責保険では、けがの重傷度によって後遺障害慰謝額は変わりますが、入通院慰謝料は一律です。入院であっても通院であっても同じ扱いです。

 裁判基準が適用されると、入院は通院よりも慰謝料額が高くなります。けがの重傷度も関係してきます。裁判基準が適用されるには、弁護士の力が必要になります。重傷の場合は、裁判基準が適用されることによって交通事故慰謝料だけでなく、後遺障害慰謝料も増額されます。増額分はかなりの額となり、それが妥当な金額ですから、弁護士に依頼することです。

交通事故の慰謝料や損害賠償と事故の被害の大きさ

交通事故の慰謝料や損害賠償の請求をするにあたり、事故の被害の大きさを把握することはもちろん、実績のある弁護士に対応を一括することがポイントとなります。

現在のところ、交通事故の無料相談が行われている法律事務所が全国的に増えており、多忙な日々を過ごしている人であっても、すぐに相談先を見つけることが成功につながります。

そして、交通事故の被害額に関しては、一般の消費者が判断しにくいところがあるため、アフターサービスの内容が優れている法律事務所に問い合わせをすることで、有意義なアドバイスをもらうことが可能です。

交通事故慰謝料では精神的苦痛も争点に

交通事故慰謝料は、事故後の交渉における最重要の事柄です。そこで問われるのは、肉体的な影響だけではなく、精神的苦痛も含まれます。もし、交通事故が原因で車に乗れなくなれば、その損失は計り知れません。

ただ、交通事故慰謝料における精神的苦痛の認定は、ときとして激しい争点となることがあります。それは、主観的な問題が多く、客観的な裏付けが難しいからです。そんなときこそ、交通事故を専門としている弁護士の力を借りるべきです。長年の経験から、もっとも有効な手立てを考えてくれますから、安心して臨めます。弁護士とともに、正当な交通事故慰謝料を勝ち取りましょう。

交通事故慰謝料の事例とは

弁護士などに交通事故相談をし、対応をしてもらうと弁護士費用がかかってきます。しかしながら、加害者側の態度が変わり、初めの示談の金額よりも何倍も跳ね上がる事例があります。何倍とまではいかなくても、当初の示談金よりも高い金額をもらえることが多くあるとされています。

交通事故慰謝料の基準は難しいですが、そうした専門家に依頼するだけで、引き上げることが可能であるとわかっています。こうした事態は最近になって知られるようになりました。弁護士事務所は敷居の高い場所でありますが、手順を追って依頼すれば間違うこともありません。

交通事故慰謝料について相談をするなら弁護士へ

交通事故慰謝料について相談するなら、弁護士が一番良いです。それは、弁護士は独自の交通事故慰謝料についての基準を持っているからです。保険会社が提示してきた金額よりも、増額することが出来るのがほとんどです。

特に後遺障害についての等級が、保険会社と異なることがほとんどで、これによって慰謝料の増額をすることが出来ます。交通事故に遭われて、慰謝料に納得が行かない場合や、どうしたら良いかわからない場合は、迷わず弁護士に相談をしてください。適正な慰謝料を請求することが出来ます。弁護士費用も成果報酬制となっている弁護士事務所が、ほとんどなので安心です。

交通事故慰謝料の重要点

交通事故発生後の事例としてまず挙げられるのは、被害者と加害者の間で行われる交通事故慰謝料の請求に関する事柄です。怪我による入院や治療に必要な医療費、また被害者の方が仕事を休む際の補償など、複数に渡る事柄が慰謝料として含まれています。

保険会社を交えた当事者同士の条件交渉や和解はスムーズに行われないケースも見受けられ、弁護士などの専門家が介入することによって解決を目指されます。無料での相談業務が取り扱われていることも多く、困った時の頼れる存在として、また適切な対応を求めたい時の救済として役立てられます。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談に関する情報