交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故の加害者になった場合に相談可能な弁護士

交通事故には加害者も被害者もいますが、加害者が相談可能な弁護士事務所を探すとなれば、数が限られてくる事もあります。弁護士事務所の中には相談者を被害者限定に絞り込んで依頼を受けている事も度々見かけます。

車を運転していて不注意の歩行者に当たってしまうと加害者になります。

交通事故は誰しも起こしてしまう可能性がないとは言いきれませんので、加害者についても他人事とは言えませんね。

被害者が弁護士に相談している事もありますので、その場合にはぜひ加害者もいい弁護士を見つけて相談する様にしましょう。

交通事故の慰謝料問題などはお互いが納得できる解決を目指したいですね。

交通事故相談の損害賠償では弁護士に依頼

交通事故相談の損害賠償では弁護士に依頼したほうがいいです。なぜなら一般で保険会社と交渉するとその賠償金は安く見積りをされることがよくあります。保険会社もなるべく支払いを抑えたいのは当然で、金額の査定に関して国が定めた自賠責保険の低い査定になり、これについて明確に反論する余程の知識がないとできないです。

こうした知識が豊富な交通事故相談にたけた弁護士であれば、クライアントの有利な交渉をまとめてくれますし、場合によっては損害賠償が1.5倍以上金額が上がることもあるので交通事故相談は必ず専門家に相談したほうがいいです。

交通事故で加害者となってしまった場合は弁護士に相談を

交通事故を起こしてしまった時に、意に反して加害者となってしまうことがあります。人身事故になってしまうと、民事の損害賠償や慰謝料だけでなく、刑事での責任も問われてしまいます。交通事故の場合は、複雑な事故状況や過失割合などが絡んでくることもあるので、弁護士に相談する方がいいでしょう。

素人判断で安易に示談をしたり、賠償責任を負うことになってしまわないためにも、たとえ自分が明らかな加害者であっても、弁護士に相談することは決して無駄にはなりません。また、代理人が入ることによって、感情的にこじれてしまった時でも、解決が早くなることは間違いないでしょう。

脊柱に後遺症が残った場合の交通事故慰謝料について

脊柱は頚椎や胸椎などの総称で、負傷すると障害が残ることがあります。腰椎や頚椎と呼ばれる部分は特に重要で、体を支えたり中核神経の保護をしているため、後遺症になるような負傷があると今後の生活に問題が起こりやすくなるとされます。

負傷の仕方は圧迫骨折か脱臼で、骨折は動くと痛みが走り、脱臼では持続的に痛みがあります。後遺症としては、運動性障害があります。重症度によって交通事故慰謝料が変化し、重症なほど交通事故慰謝料が高額になります。高額なケースで1000万円の慰謝料になった事例もありますが、交通事故により脊柱に後遺症が残った場合は少なくても250万円の慰謝料になることが多いようです。

優秀な交通事故弁護士への相談とは

万が一、交通事故の被害にあってしまった場合には、交通事故弁護士への相談が一番有効な方法と言えます。弁護士というと高額な料金と考え、依頼するのを断念してしまいがちです。しかしながら弁護士に依頼するメリットは多くありますので、依頼しないのは勿体無いと言えます。

交通事故ごとのケースや、被害の度合いにもよって変わってきますが慰謝料の金額が倍以上になったり、後遺障害の等級が上がったり、加害者側の保険会社と示談の交渉が有利に進んだりするケースがあります。弁護士は交渉ごとを得意としていますので、利用した方が得策と言えるでしょう。

弁護士に相談をして交通事故慰謝料を増額することができます

交通事故に遭われた方は、交通事故慰謝料をもらうことになります。慰謝料の相談は、まず保険会社をすることになると思いますが、保険会社の算出方法はとても低くなるように設定されているので、納得の出来る金額が提示されることは少ないです。

そういった場合に相談してほしいのが弁護士です。弁護士は弁護士基準での、慰謝料算出となりますので保険会社よりも、高く請求することが出来ます。特に死亡事故になってしまった場合、保険会社との交通事故慰謝料の差は、とても大きいな額になります。保険会社が提示してきた慰謝料に、納得が行かない場合は、弁護士を利用して慰謝料を増額させましょう。

覚えておきたい交通事故慰謝料

交通事故慰謝料についての交渉が行われる場合、加害者と被害者の間には保険会社が介入し、それぞれの主張や条件提示などが進められます。交通事故の事例には様々なものが挙げられるものの、怪我による治療費や入院費が必要となった場合、さらに休業に関する補償を求めたい時など、該当する慰謝料内容を正しく知ることによって、損することのない慰謝料の受け取りが実現できます。

また弁護士などへ相談することにより、提示内容に困った時や、弁護士基準での請求など、疑問や不安に感じる事を解決させながら手続きを行うことが可能となります。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談に関する情報