交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

知りたい相続手続きの費用

一体、相続手続きの費用はいくらかかるのか知りたい人は多いと思います。法律家というのは敷居が高くて自分から連絡しにくく感じている人もいるかもしれませんが、相続手続きの依頼を真剣に考えている時には、費用について質問したいですね。

比較をしたいという時には、相続手続きを行っている何軒かの法律事務所に連絡をして、費用の見積もりを依頼する事もある様ですね。

相続手続きの費用は高そうだと、漠然と思っている人もいるかもしれませんが、相続手続きの費用について、明確な数字を知る事で、次にどうするのか決定しやすいと思います。法律家に相談しながら行うかどうかという事は、まず家族に話をしてみるのもいいでしょう。

相続手続きの準確定申告とは

相続手続きのうち、以外と知られていないのが準確定申告です。 これは被相続人が死亡した年の1月1日から死亡した日までに生じた所得と税額を、相続の開始があった日の翌日から4ヵ月以内に確定申告する手続きで、相続手続きの中では忘れられがちな手続きの一つです。

手続きを行う際の注意点は、相続人が2人以上いる場合に相続人全員の連署で提出すること、医療費控除や社会保険料控除、生命保険料控除などは、死亡した日までに支払っている分が対象となること、配偶者控除や扶養控除の適用有無の判定は死亡した日の現況によることです。

特に相続人が複数いる場合は、誰が提出するのか曖昧になりがちですので基本的に連署で提出しますが、相続人が他の相続人の名前を付記して別々に提出することも可能であり、その場合は提出した内容を他の相続人に通知しなければなりません。

相続手続きで重要となる相続人の調査

相続手続きで、遺産分割と同じくらい重要な手続きに相続人の調査があります。相続は、被相続人の相続財産を、どの相続人や受遺者が取得するかを決めるものであるため、相続財産と相続人を確定させ、分割内容を決める事は特に重要な相続手続きと言えます。

相続人の調査は、被相続人の出生してから死亡するまでの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本のほか、被相続人に子供がいない場合には被相続人の父母や祖父母の戸籍謄本、既に死亡している場合は出生してから死亡するまでの戸籍謄本などが必要となります。

こうした戸籍謄本等の取得は個人で行う事も可能ですが、非常に手間暇が掛かりますので、弁護士や司法書士、行政書士など、職権で収集が可能な専門家に依頼すると良いでしょう。

大阪で遺産相続手続きの不動産の名義変更についての相談が出来る所とは

大阪で遺産相続手続きの不動産の名義変更についての相談ができるところは、弁護士事務所や司法書士事務所です。弁護士は、権利義務に関することはすべて扱うことができますし、実務上不動産の名義変更の手続きについても詳しいです。

また、司法書士は登記の専門家であるため、場合によっては弁護士以上の知識を有しています。そのため、両者遺産相続手続きの登記に関することを相談すれば、解決することができます。変更をしないと、あとでややこしいトラブルに巻き込まれることもあるため、疑問点がある場合には早急に相談をすべきでしょう。

3600万円以上の遺産相続手続きをする場合

基本的にはほとんどおらず、遺産の遺産相続手続きをする人の中でも約4パーセントしかいないといわれているのが相続税を支払わなければならない人です。相続税とはその名の通り自分が相続する財産にかかる税金のことで、約3600万円にあたる資産の分与を受ける場合にのみ支払い義務が発生します。

万が一自分が相続税を支払わなければならなくなった場合には税の申告が必要なのですが、この申告ができるのは税理士だけになります。ですのでそういった場合には他に依頼するのではなく、全ての手続きを税理士に頼むのが一番スムーズかつ安く済ませることができる手段になります。

相続手続きは速やかに行ってください

遺産相続手続きは、すぐに終わると思っている方が、とても多いと思いますが、実はたくさんありとても大変です。そして相続手続きのほとんどに、期限が設けられています。その期限を守らなかった場合は、借金などもそのまま相続してしまうことになります。

そのため必ず期限までに、すべての手続きを完了するようにしてください。どれだけ手続きの数があるのか、どれを優先的にすれば良いのかわからない場合は、弁護士を利用してください。弁護士であれば、順番に期限内に手続きが完了するように、誘導してくれるので手続き忘れ等を防ぐことが出来ます。

相続手続き・遺言書作成に関する情報