交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

人に話をしにくい過払い

自分の借金に対して過払いを行う事も多く、過払いの相談をしたくても、借金をしていたという事を弁護士や司法書士など知らない人に話すという事に抵抗があるという人もいる様ですね。

そのため、過払いの相談をする際には、法律家の能力だけでなく、時には人柄などを考慮する場合もある様です。

話がしやすいと感じた人に過払いについて相談したいという人も多いでしょう。その様なニーズを踏まえて、顧客の対応に力を入れる法律家が増えたり、また相談する部屋のプライバシーを強化したり、もしくは女性の相談員や法律家を在籍させるなどという対策を行っている事もあります。

もし、相談したいと考えている人は、ベストと思える弁護士や司法書士を見つけて過払いについて気軽に話をしてみてはどうでしょう。

過払い金の返還交渉は弁護士又は司法書士に

過払い金とは、消費者金融などから長期に渡り借入・返済を繰り返していた方に発生する可能性がある余分に支払った返済金のことです。以前ほとんどの貸金業者は、利息制限法で定められていた法定金利を無視して約10%高い出資法の金利を取っていました。

この差額分を過払い金と呼び、貸金業者に返還を求めることができるのです。 この交渉は、弁護士又は司法書士に依頼するとスムーズに進みます。この場合一般的に過払い請求訴訟を起こすことになり、余計に支払った分は利息付きでほぼ全額返還されることになります。なお過払い請求の時効は、最後に取引された日から10年です。ですから身に覚えのある方は、時効で権利が消滅前に早めに弁護士又は司法書士に相談するといいでしょう。

高い年利で借りていた多重債務者は過払いがあるかも

かつては、グレーゾーン金利という、利息制限法の上限を超えるが、貸金業法の罰則は受けない金利で貸し付けをしていた消費者金融や信販会社が多かったです。しかし、それは違法とされて、現在ではグレーゾーン金利は撤廃されています。

また、判例では、法定上限の年利に計算しなおして、返済分を再計算した場合に過払いが発生していたら、不当利得返還義務を負うことが確立しています。そのため、借金で多重債務者になっている方も、過払いが発生している場合があります。その場合、多重債務の状況から解放されるため、過払い請求をすべきです。

過払い請求は大阪でもできます

過払い請求は大阪や京都の法律事務所に任せることで、すぐに対応をしてもらうことができるため、本格的に借金の総額を減らしたい場合には、おすすめの依頼先のサービスの特徴を理解することが良いでしょう。

特に、過払い請求の相談の内容に関しては、各地の有力な法律事務所などの公式サイトなどで具体的に紹介が行われることがありますが、ニーズの高い依頼先の実績の良しあしを判断することが大切です。その他、初心者であっても気軽に相談をすることが可能な法律事務所の取り組みに注目をすることで、様々なリスクに備えることができます。

過払い請求の内容とは

消費者金融を始めとする貸金業者から、5年以上の借り入れ期間があり、利息制限法の上限を超え、多く支払った利息のことを過払い金といいます。利息制限法によって定められた以上に支払ってしまったお金をグレーゾーン金利と呼んでいて、近年CMなどで取り上げられたことから広く知られるようになりました。

現在のキャッシング利用者は1400万人以上だと言われていて、貸金業者に対して利息を払う事が義務付けられていますが、利息制限法によって合わせて10万円から100万円未満のキャッシングは18パーセントの場合は無効にすると定められていて、払いすぎてしまったお金を取り戻す方法を、過払い請求と言っています。

過払い請求は弁護士に任せるのが一番

過払い請求を専門家に任せるのであれば、弁護士を選ぶのが一番です。その理由は、確実に行ってもらえるからです。司法書士も一定の要件を満たせば、代理して請求や訴訟をしてもらうことができますが、限られた範囲でしかやることができないことに加えて、能力的には劣ります。

その点、弁護士は法律による制約を受けることが有りませんし、法律の知識もしっかりと持ち合わせているため、疑問点についてもすぐに対応してもらうことができます。その分報酬は司法書士に比べて高くなりますが、確実に解決してもらいたいなら対価としては相当です。

過払い・債務整理に関する情報