交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

相続税の発生が見込まれるなら遺言書作成

自分の遺産には相続税が発生しそうという時には、遺言書作成を行う様にしたいですね。相続税が発生する事が見込まれるというのはかなり高額な金額を子孫に引き継ぐ事になりますので、遺言書作成をする事で、争いをなくす事ができるかもしれません。

また、遺言書作成をしておく事で、相続税の手続きがしやすくなる事もあるかもしれません。ですので、相続税の支払いが発生するかもしれない時には、遺言書作成をする事をおすすめします。

また、相続税が発生しないと思われるケースについても喧嘩になるのを防ぐという目的のために遺言書作成はきちんと行っておく方がいいと思われます。喧嘩になってからではどうする事もできない事も多いでしょう。

遺言書作成と遺贈について

遺贈の方法についてわからないことがある場合には、弁護士や司法書士などの専門家の無料相談のチャンスを利用することが良いでしょう。 現在のところ、遺言書作成のメリットやデメリットについて、大手のメディアで紹介されることがありますが、まずは同年代の人々と意見交換をすることがオススメです。

また、遺言書作成のノウハウを身につけるには、ある程度のテクニックが必要となることがあるため、すき間時間を利用しながら、便利な情報を仕入れることが大事です。 その他、早いうちにプロの弁護士のサポートを活用することが肝心です。

遺言者の意向を伝えるには遺言書作成が良い

遺言書作成がなければ法律で定められている方法で遺産相続がされます。仮に生前関わりがない人や悪事を働いていた人が相続人となっていた場合でも法律で定められている方法で相続がされます。これでは不都合と考える場合には遺言書作成をすることで解決をすることができます。遺言者の意向を実現させる為には必需品です。

遺言書は法律で定められている方法で作成をしなければ無効になります。自由に処分をする方法を定めることはできますが、定められている要件通りに作成をしなければ無効になります。無効の場合は法律で定められている方法で相続がされるので注意が必要です。

遺言書作成|秘密証書遺言とは

遺言書作成方法のひとつに、「秘密証書遺言」というものがあります。これは、遺言者が、親族や関係している人などに、遺言書の内容を知られたくない場合に用いられる遺言書作成方法になります。

遺言書の内容は、自筆でなくてもパソコンで入力し印刷した文書でも良く、自筆の署名と押印をし、封筒に入れ同じ印を使って封印をします。そして、2名以上の証人と一緒に公証役場に出向いて、公証人と証人の前で封筒を出し署名押印を行います。封印した遺言書のため、公証人が遺言書の内容を確認することはないものですから、不備のないよう気をつけましょう。

遺言書作成に記載する内容は?

自分の死後に残された遺族が遺産を巡って争いになってしまうことを避けたい思いから、遺言書作成を考える人が増えています。遺言書に記載する内容は基本的に自由ですが、記載すべき事項が記載されていないと遺言書自体が無効になってしまうため、遺言書作成の前に正式なルールを知っておくべきです。

文章は改ざんができない筆記用具を使って必ず自筆で記し、作成した日付と自署を記入し、さらに実印を押印します。相続の対象となる財産を全てリストアップし、それぞれの相続先を明確に記すことで、遺族の死後の手続きを助けることにもなります。

遺言書作成をするにあたって

遺言書作成については無縁に感じる人も多いかも知れませんが、多様化するライフスタイルにおいて、必要事項な事柄になっています。遺言賞を身近に感じてもらおうとホームページなどで、細かな解説をおこなっているサイトもありますし、商品においては遺言書キットなどの商品もあります。

まずはそうゆうようなものを参考にして作成してみることです。又、遺言書においては家族構成などの状況が変化していきますので、その都度更新していくことが必須になります。不安や不明な事柄が多いのであれば、機関によっては無料で問い合わせることができるので、聞いてみるのが策です。

相続手続き・遺言書作成に関する情報