交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

相続税における税務調査に強い弁護士

普段から個人事業者として仕事をしている人などで、知り合いに税理士がいる場合には、相続税における税務調査となった際に、そのまま相談する事ができるでしょう。しかし、税理士の知り合いがいない場合には、相続税における税務調査となった時には、戸惑う事もあるでしょう。

税理士を見つけるのであれば、相続税における税務調査に強く、たくさんの相談を受けている人がいいかもしれません。相続税における税務調査においては、税理士は大いに活躍が期待されます。

相続税における税務調査がどんなものであるのか分からないという人でも、弁護士がいてくれると安心して終える事ができるかと思います。税理士のこれまでの経歴に注目してはどうでしょう。

死亡後の相続税税務調査について

人が死亡すれば、相続が発生します。そして、相続で財産を承継すれば、そのことに対して相続税がかかります。これを申告しなければ、当然に脱税となります。もちろん、それが公にならなければ何も起こりませんが、もし公になっているのにも関わらず申告をしていないと、税務署から相続税税務調査を受ける可能性があります。

税金は支払うのが遅れると、追徴課税や延滞税と言って、本来支払うべき税額よりも高い額が課せられます。そのため、相続が発生して相応の財産を承継したというのであれば、きちんと相続税の申告をした方が良いです。

相続税税務調査の対象のことについて

相続税税務調査の対象となるのは、相続により非相続人の財産を相続した人です。税務調査は相続税以外の税金を調査する場合でも行われていますが、その中でも相続税を納める義務がある人に対しては、特に積極的に行なわれている実態があります。

なぜかといえば、相続税は他の税金と比べて支払う回数が限られていて、一度に大量の税金を納める必要があるケースが多いからです。そのために税務署では細かな疑問がある場合だけでも、他の税金と比べて積極的に税務調査を行なうような場合もあります。特に多額の相続税を納めなければいけない人などは、税務調査の対象となりやすくなっています。

相続手続き・遺言書作成に関する情報