交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

司法書士の過払い金報酬費用

司法書士は弁護士と同様に、過去の利息制限法で多く支払ってしまった借金の返済に対して過払い金の請求依頼が可能となっています。

大抵の事務所では相談料や引き直し計算は無料となっていますが、報酬基準は各事務所において独自に決めているため、はっきりした費用が出せないようになっています。

一般的には取り戻した額の20%が相場となっているので、契約する際には高額な報酬になっていないかを確認しましょう。また、司法書士は弁護士法で定められた訴額140万円以上の案件を取り扱うことができないので、もしも相談して金額が超えるようなら弁護士に相談する必要があります。

業者と和解が出来れば、過払い金が戻る

過払い金があることが分かった時には、過払い請求手続きを行うことになります。貸金業者との交渉により、支払われる過払い金の金額が決定されます。両者が納得することが出来、早期に和解することが出来れば、比較的早く返金されますが、そうでない場合には、訴訟を起こすことになります。

訴訟を起こした後は、裁判所でのやり取りも行いますが、和解交渉も併せて行われることが一般的です。返金されるまでの期間については、支払われる過払い金の金額が決定してから、2から4ヶ月程度と言われています。満額にこだわらなければ、早期回収が可能です。

司法書士の過払い金の計算方法

いち早く過払い金の計算をしたい場合には、専門性の高い従業員が在籍している法律事務所に問い合わせをすることが欠かせません。 現在のところ、司法書士などのスタッフの活躍ぶりについて、ネット上でしばしば話題となることが増えてきており、短期間のうちに同じような立場の人から助言を受けることが良いでしょう。

また、司法書士の報酬の支払い方をマスターするためには、ある程度のテクニックが必要となることがあります。 そこで、空き時間を利用しながら、司法書士のメリットやデメリットを総合的に判断することで、安心して対処をすることが可能です。

過払い請求|過払い金の返還期限を理解する

過払い請求のポイントを理解するうえで、まずは返還期限の長さに着目をすることが必要です。特に、大手の貸金業者や金融機関からの借金の返済方法については、一般の消費者にとって悩みの種のひとつとして扱われることがありますが、いざという時に備えて、実績のある法律事務所に対応を任せることがとてもおすすめです。

また、過払い請求の成功率の高い法律事務所の選び方について迷っていることがあれば、空き時間を利用しながら、同じような年代の人々の体験談をチェックすることで、誰しも安心して行動をすることができるようになります。

費用を抑えて自分で取り組む過払い請求とは

借金をすべて払い終わったあとでも、これまでの払いすぎた利息分を返金してもらうことができます。この過払い請求は、弁護士や司法書士が力になってくれますが、費用をかけたくなければ、自分でも手続きが可能です。

以前借り入れをしていた金融機関へ連絡し、取引履歴を取り寄せて利息分の差額を計算します。この計算をかんたんにするには、エクセルのソフトを利用すると良いようです。次に、過払い金返還請求書を作成し、内容証明郵便として利息分の引き直し計算も添付して郵送します。最後に和解交渉ですが、電話よりも対面で行ったほうが、相手に意思を伝える意味でも有効なようです。

司法書士の存在も利用できる過払い請求

長年にわたって借金返済を続けてきた方など、利息として支払いすぎた過払い金が存在しているケースが多く見受けられます。請求手続きを行うことによって、手元にお金が戻ってくることもあり、正しい手順での手続きは、借金債務者にとっても優位な状況となります。

多額の借金に関わる場合は弁護士への相談が必要ですが、あまり多額ではない借金問題の取り扱いについては司法書士でも業務として取り扱う事が可能とされています。請求先となる借金の借入先との関係が気になったり、手続きのために日常のペースを変える必要があったりする場合、法律専門家の存在に助けられるでしょう。

過払い・債務整理に関する情報