交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

相続手続きには実印と印鑑証明書が必要

相続手続きの最初の段階で遺産分割協議書を作ります。 亡くなった人の財産を相続する時まず求められるのが、その人がまさしく相続人であることを証明する書類、戸籍謄本です。

そのうえで動産や不動産を受け取ることができる一人の人間であることを証明するのが実印であり、それを担保する印鑑証明書を必ず付けなければなりません。

相続手続きにはたくさんの書類が求められますが、最終的に相当の財産を受け取ることが確定すれば名義変更の手続きとなり、不動産を登記する場合、実印と印鑑証明書が必須となります。 またもっと単純に故人の預貯金を解約したり、生命保険の保険金を受け取るときにも、金額や金融機関にもよりますが実印とその証明書が必要になります。

遺言書がある場合の相続手続き

遺言書には種類があり、亡くなった本人の自筆で書かれた場合を「自筆証書遺言」といい、勝手に開封すことはできません。開封する場合は、家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

公証人の立会いのもとで作成された遺言書は「公正諸書遺言」といい、家庭裁判所の検認なしで、すぐに遺産分割などの相続手続きを開始できます。 相続手続きを進めるには、遺書の中に「遺言執行者」が選定されている必要があります。家族の中の一人、もしくは行政書士、専門家が選定される場合が多いです。もし選定されていなければ、相続人によって話し合いをし、「遺言執行者」を選定しなければなりません。

相続手続き代行サービスについて

相続が起こった際の手続きは、本来自分で行わなくてはいけないものなのですが、被相続人 の死亡届の提出から相続税の申告まで、大変な作業がつづきます。個人で手続きをする場合は、戸籍を集めたり、相続財産の調査をしたりと手間がかかり、ほとんどの手続きが平日の昼間に行わなければならなくて、会社を休む必要が出てきたりと大変です。

しかも銀行口座がいきなり凍結 されて、現金の引き出しができなくなることもあります。スムーズに相続手続きをするなら、相続手続き代行サービスというものがあります。相続手続き代行サービスを利用するとお金はかかりますが、行政書士・司法書士などが葬儀後に 発生する不動産・銀行口座などの名義変更などあらゆる手続きを代行してくれ忙しい方には大変便利です。

大阪で遺産相続手続きの相続人調査についての相談が出来る所とは

大阪で遺産相続手続きの相続人調査について相談をすることができるところとしては、弁護士事務所があります。遺産相続手続きについての詳細な規定を理解していますので、相談について的確なアドバイスをもらうことができるでしょう。

それに加えて、弁護士は代理人となることができるのが大きな強みです。つまり、相続人調査をするにあたって代わりに手続きを行ってもらうことも可能ですし、それ以上に相続について分割協議に代理として出席してもらったり、裁判の訴訟代理人となってもらうこともできます。包括的に相続のことをお願いできるので、一番相談するのに適しています。

遺産相続手続きは弁護士へ

遺産相続手続きで様々な問題が起きており、どこかへ相談したいといった場合には弁護士に相談することをオススメします。やはり法律関係に一番詳しいのは弁護士で、かつ一番大きな金額を扱うことができるのも弁護士だからです。

また「これはできない」「これはできる」といった縛りも一番少ないため、相談してみたらここではできない手続きだったということが一番少ないです。また法律事務所では無料の電話相談なども頻繁に行っており、まず相談だけでもといった場合に足が向きやすいのもオススメする理由の一つです。費用は他よりも高くなってしまいますが安心感は断トツです。

相続手続きは弁護士に依頼をしましょう

遺産を相続すると、相続手続きをしなくてはいけません。相続額の大小にかかわらず、必ずしないといけないのですが、法律に詳しくない方には、少し難しいのでそういった場合は、弁護士に依頼をするようにしてください。

弁護士に相談すると、どうしたら良いのかなどをアドバイスしてくれます。相続手続きは、とても簡単ですぐにすることが出来ますので、遺産が発生したらすぐに、手続きをするようにしてください。先送りにしていると、取り返しのつかないことになる、可能性もあるので注意が必要で、すぐに手続きをすることを、おすすめします。

相続手続き・遺言書作成に関する情報