交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故慰謝料の額が増額

交通事故に遭ってしまって、保険会社から慰謝料の額を提示されたが、その額に納得がいかないのであれば、弁護士に相談してみる事をお勧めします。知識がない状態で保険会社と交渉をするというのは、なかなか難しい事だと思います。

弁護士に交渉をお願いすると、最初に提示されていた額よりも、慰謝料の額が増額する事が多いという大きなメリットがあります。交渉をお願いする際の費用が、高いのではないかと思う人も多いかもしれませんが、費用は成功報酬として、増額した分の一部を支払うという方法のところが多いので、損をするという事はありませんので、まずは相談しに行ってみる事をお勧めします。

交通事故慰謝料と加害者の姿勢の関係

加害者の姿勢によって、賠償金や交通事故慰謝料の額が変わるかというと、現実にはほとんど変わりません。謝罪をしようがしまいが、なんの影響もないため、それがわかっている加害者の中には、被害者とまったく接触しようとしない者もいます。

しかし、被害者はそうした姿勢に強い被害感情を持つものです。謝罪をしない、交渉に応じようとしない程度では交通事故慰謝料は変わりませんが、ひき逃げや被害者に対しての訴訟提起などがあった場合は、弁護士に依頼すると、慰謝料がアップする可能性があります。裁判に持ち込めば、勝訴できます。

交通事故の慰謝料と損害賠償と入通院慰謝料とは

自分は合わないと思っていても、突然起きてしまうのが交通事故です。自賠責保険だけという方も中にはいるとは思いますが、ほとんどの方が、任意保険も入っているはずです。自分が交通事故を起こしてしまった場合は、まずは警察に行って、事故の届け出をします。

そして、任意保険の会社に連絡をします。相手がケガをしていたり、荷物に損害を与えた場合など説明し、保険会社から慰謝料や損害賠償、入通院慰謝料など、加入している任意保険の担当者から相手に連絡してもらうようになります。ですので、自分から被害者に連絡することは何もありません。

追突事故の交通事故慰謝料を受け取る際の注意点

追突事故は、絶対的に相手が悪いために10対0になります。必ず警察を呼ぶようにしましょう。軽い追突の場合は、すぐに症状が現れないことがありますが、必ず病院も受診してください。1週間後に痛み出すことが多いです。

追突事故の交通事故慰謝料を受け取る際にはこういった病院の受診が大きく関わっています。病院に通っている間は主婦であろうと休業補償も出ます。保険業者は交通事故慰謝料を多く払いたくないので、定期的に電話をしてきて、そろそろ通院を辞めるように言ってくることもあります。少しでも痛みが残る場合には、その電話には応じずに完治するまで通院するようにしましょう。

交通事故慰謝料の事例を知りたい時は

交通事故慰謝料は、交通事故に巻き込まれてしまった場合、被害者としてどうしても正しい基準の元での支払いを受けたいものです。加害者から保険会社などを通じて金額が提示された際、その金額が妥当なものなのかどうか判断するのが難しいこともあるでしょう。

事例を知りたい時に頼りにしたいのが、弁護士などの国家資格を持つ専門家の存在です。無料での相談業務が取り扱われていることも多く、インターネットなどを活用することによって、相談機関を探し出すことも可能です。正しい知識や情報を手に入れるためにも、気軽に相談したいものです。

交通事故慰謝料に関する相談とは

交通事故の被害などで後遺障害を抱えてしまった場合など、交通事故慰謝料の請求に関する交渉は、短期で終わらせられないケースも見受けられます。思っていたよりもスムーズに行われない時や、加害者へ対する言い分が上手く伝えられない時などには、弁護士などの法律専門家への相談を上手く利用したいものです。

法律に基づいた判断は、条件交渉にも役立てられるだけでなく、被害者側の今後の生活においても重要なポイントとなります。提示条件に納得できない時や、しっかりとした補償を求めたい時など、ありとあらゆる場面が考えられるでしょう。

交通事故慰謝料の内容について

交通事故にあってしまった場合に、被害者側だと加害者側の定時する慰謝料など、示談の提案を受け入れなくてはいけなくなります。しかしながら、加害者側の保険会社が慰謝料の提示を行いますが、その内容が必ずしも相場の内容であるとは限りません。

そのようなケースには、慰謝料を引き上げなければいけません。そのようなことを知らずに了承してしまうと、弁護士基準での慰謝料はもらえない可能性が高いと言えますので、注意が必要になります。交通事故慰謝料の引き上げを行いたい際には、交通弁護士などを雇い、交渉に応じることが一番確実な方法とも言えます。

交通事故慰謝料の詳しい内容とは

交通事故の被害者になった際には、交通事故慰謝料を受け取ることとなります。この交通事故の慰謝料にはいくつかの基準が設けられていて、事故の被害や負傷によって支払われる金額になります。

しかしながら、この慰謝料には基準が複数あり、その基準によって支払われる金額が異なってきます。大きな事例になってしまうと慰謝料の金額は、大きく開きのあるものになってしまうものになってしまいます。

適正な慰謝料を受け取るためには、弁護士や専門の機関に依頼したり、相談することで解決できることがあります。自力で行うと足元を見られてしまいますので、しっかりとした対応が必要になります。

交通事故慰謝料の支払いについて

交通事故の被害者側になってしまった場合に、人によっては、弁護士に依頼するかどうか迷ってしまうケースがあります。交通事故の慰謝料の問題については、一人で対処するのはむずかしいとされていて、その場合に弁護士に依頼をおこなうメリットとしては、交通事故慰謝料を増額することができ、弁護士基準での支払いが可能になる点が、大きなメリットとしてあげることができます。

また、面倒な交渉ごとをすべて任せることができます。正当に慰謝料の受け取りができますので、交通事故の専門である弁護士に依頼することなどが推奨されます。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談に関する情報