交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

遺言書作成は最も効力がある公証人役場で

遺言書作成に関しては、有効性を確保するという点では公証人役場で作成したものに勝るものはありません。 特に、遺言書作成は一定の形式や決まり事などがあって、単に被相続人予定者が直筆で作成し、実印を押せばいいというわけには行かないからです。

もちろん、全く効果がないというわけではないにしても、法律的にという場合は、十分な条件を満たしていないことがあるからです。 トラブルが起きることが予想されるというような場合は、特に、万が一に備えることが極めて大切です。 遺留分というような厄介な問題も含め、様々なことも教えていただけます。

遺言書作成で遺言執行者を指定しておく

遺産相続をスムーズに行うために、被相続人は遺言書作成時点で遺言執行者を指定することができます。あらかじめ、被相続人は遺言書を書く時に、指定した遺言執行者が引き受けてくれるかを確認する必要があります。

被相続人が、信頼して依頼するわけなので、遺言書作成で明記された内容を誠実に実行しなければなりません。財産を法定相続人の納得のいくように相続を行うのはもちろんのこと、相続人の廃除や非嫡出子の認知などスムーズに相続できるように努力しなければならない重要な役目です。身内だけでなく弁護士や司法書士などに依頼することもあります。

本人による遺言書作成時の注意点

遺言書作成を本人が行うという場合には、必ず自筆で書く必要があります。代筆、パソコンなどでの作成をしたものは、認められませんので、注意が必要です。また、遺言書作成日が明記されていること、本人の署名・押印があることも求められます。遺言書は一人につき一つ必要であり、夫婦連名などは認められます。また、15歳未満の人が書いたものについては、認められません。

最も簡単な遺言書の作成方法というメリットがある一方で、書き方を間違えてしまうと、無効となってしまう可能性がありますので、作成する際には書き方を十分に理解するようにしましょう。

遺言書作成|自筆証書遺言とは

数々の種類がある遺書の中で、自身の直筆で書いた遺書のことを自筆証書遺言と言います。 遺言書作成の中でも、最も手軽に作成が出来ますが、全ての項目において、遺言者が自筆しなければならないことや、遺言書の作成日を書き記さなければならないこと、署名捺印を必ずすること、相続についての項目を明瞭に書き記すことなど、細かな決まりが多く、一つでも抜けていれば、遺言自体が無効になったりする可能性もある点で、遺言書作成時にはかなりの注意が必要です。

また、自筆で書くことによって、偽造されたり、故意に紛失されたりといったケースもあるなど、他の方法と比較しても、最も危険性のある遺言書でもあります。

遺言書作成|生前の相続対策

相続対策のための生前対策としては、遺言書作成することです。 遺言書作成自体は、簡単ですが、法律に定められた要件や形式があり、それを満たさなければ、無効となってしまいます。

押さえておくべき要件は、自筆で作成した物、作成日が特定できるもの、実印、戸籍通りのフルネーム、表現をはっきりとさせる、遺言執行者を明記しておくです。パソコンやビデオなどの遺言は、無効となります。また、自宅などの住所がしっかりとしない書き方も無効となります。何より重要なことは、吉日など日にちが特定できないことです。これも無効になるので気おつけなければなりません。

遺言書作成はしっかりとルールを守ってください

遺言書作成は、亡くなった時に残された方への最後のメッセージです。遺産分与などにも大きく影響を与えてきますので、遺言書を残し残された家族が、円満に遺産分与出来るようにしておきましょう。

少しの額でも、もめてしまい絶縁状態になる家族は多くあります。遺言書作成はとても簡単ですが、法律で定められているルールがあります。そのルールを守られていない場合は、無効となってしまいますので、注意が必要です。

署名や日付、文言は全て直筆でなければならなかったり、日付はスタンプではいけない等、細かいルールがありますので、遺言書を書いた場合は弁護士などに確認してもらうことをお勧めします。

相続手続き・遺言書作成に関する情報