交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

無効になる場合の遺言書作成

様々な遺言書がある中で、自筆証書遺言は、費用もかからず、いつでも書けるなど手軽に作成できるため、数多く 利用されているのですが、民法で定められたとおりに作成をしないと、遺言として認めらないことがあります。

遺言書作成には注意しておくべきことがあります。ここでいくつか遺言書作成にあたり無効とされる例をあげてみます。まず代理人や他人の意思が介在した遺言、タイプライター、ワードプロセッサーでの遺言書、日付のないもの、遺言作成の日より日付を遡らせて記載されたもの、2人で共同でする遺言、相続財産でどの範囲かが特定できないものなどは無効になるため、しっかり要件を確認して遺言書作成をする必要があります。

遺産相続における遺言書作成について

遺産相続に関しては遺言書作成が重要であり、遺言書には大きく分類して自筆証書遺言と公正証書遺言があります。自筆証書遺言のメリットとしては、費用がかからない点が挙げられます。

必要なものは紙と筆記用具のみであり、周囲に秘密の情報が漏れてしまうことはありません。デメリットとして挙げられるのは、保管に悩んでしまうことです。公正証書遺言のメリットは、公証人が関係するため、作成方式に不備がないという点です。

また、遺言書の原本を公証役場で保管してもらえるメリットもあります。デメリットとしては、公証役場に手数料を支払わなければならない点や二人の証人が必要になる点があります。遺言書作成においては、以上のような知識を深く理解しておくことで役立ちます。

弁護士に遺言書作成の手伝いを依頼する長所とは

弁護士に遺言書作成の手伝いを依頼すると、親族達が納得してくれる、後々役に立つなどの長所が存在します。弁護士という存在は一般人から見ると、法律の専門家なことから、格が違うという認識を抱きやすいです。

そのため、遺言書作成を依頼すると、親族達からは文句を言う人は出ないはずです。 遺言書公開をする日が来た場合は、弁護士がその場に立ち会い内容を公開してくれます。

その時は親族同士による遺産争いは発生せず、無難な形で決着する可能性が高いです。弁護士の態度が立派だった時は、親族達の間で流石はプロだと認識される結果につながります。

遺言書作成|公正証書遺言とは

公正証書遺言では遺言者が遺言の内容を考えて、その通りに公証人に遺言書作成してもらいます。2人の証人の立会いのもとで遺言者が伝えた内容を公証人が筆記します。その後お互いが内容を確認し、署名押印します。

公証人は公証役場に所属している公務員で、裁判官や検察者の出身も多いため信頼できます。公正証書遺言のメリットは法的な強制力があるため、検認手続きをせずに遺言の内容を早く実現できます。だから相続人には余分な手間をかけなくてすみます。また、公証人に遺言書作成してもらうため、法的な間違いも代わりに修正してくれます。

遺言書作成をする人はどれくらいいるの?

遺言書の種類には、公正証書遺言と自筆証書遺言がありますが、どちらとも遺言書作成をする人は年々増加傾向にあります。公正証書遺言書作成の場合ですと、平成24年ではおよそ8万8千件になり、自筆証書の場合には、平成23年で1万5千件程度というデータがあります。

これまでの5年の間でみていきますと、公正証書遺言は15%、自筆証書遺言は10%程度増加していることがわかっています。遺産相続によるトラブルを防ぐためや、自身の気持ちやメッセージを家族などに伝える手段として、遺言書作成をする人は増えていると考えられるでしょう。

遺言書作成の方法について

遺言書作成についてはいくつかの手段があり、遺言者が希望する方法において作成することが可能になります。大きく分けて3種類の方法から遺言書を作成する方法があります。一番作成する人が多い方法には自筆証書遺言が挙げられます。

自筆証書遺言は自筆で記載し捺印をすることが条件となり、費用もかからないことから手軽に作成できる遺言書になります。他にも公正証書遺言 と言う、公証役場に出向き公証人に遺言内容を伝え作成してもらう方法があります。公証人に遺言内容を伝え作成してもらうことで、不備などがなく無効になる心配がありません。他にも秘密証書遺言と言う、他社には言うことなく作成する方法があります。

相続手続き・遺言書作成に関する情報