交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故弁護士を利用する可能性

きっと誰しもが自分は交通事故弁護士を必要とする事は絶対にないと言い切る事はできないかと思います。生きていると事故に遭う可能性というのも僅かであっても否定はできないかと思います。

ですので、交通事故弁護士を利用したいと思った場合の事についても真剣に考えて対策を行っている人もいるみたいですね。交通事故弁護士を少しでも利用しやすくするために、特約付きの保険に入る事で対策をするというのもいい方法だと思います。

交通事故弁護士を探したりするのはそれほど難しい事ではなくても、交通事故弁護士に相談する際の費用を支払うというのはハードルが高いと感じている人が多いと思います。もしもの将来の事も考えたいですね。

交通事故弁護士への相談で問題解決を

交通事故の被害者は、加害者が任意保険に加入していて任意保険会社が手続きなどを万事代行している場合、問題解決のための相談を、任意保険会社にする場合があります。これがいかにすべきでないことかは、示談交渉の場でわかるでしょう。

しかし、その時になってからでは遅いのです。任意保険会社の担当者は、加害者の代理人です。中立の立ち場でなどあり得ず、加害者の身内以上に加害者寄りの存在です。被害者とは利害が対立する相手であり、被害者の味方になってくれるのは、被害者が依頼した交通事故弁護士だけです。交通事故弁護士に頼るべきです。

過失割合とは?交通事故にあったら弁護士へ相談

交通事故での過失割合とは、加害者と被害者のどちらがどれほど悪いのかを数字にしたものです。 例えば交差点の事故などで、割合が8:2だった場合、被害者にも過失が2割あると判断されていますので、示談で決まる慰謝料には被害者の過失2割分がひかれることになります。

加害者側はもちろん自分の過失を少しでも少なくしようとしますので、被害者も毅然と対応することが必要になります。 とはいっても保険会社のプロを相手にしなくてはいけないので、なかなか思うようにことが進まないかもしれません。そんな時は被害者も交通事故専門の弁護士に依頼するなどして、対応したほうがいいでしょう。

交通事故の解決事例と弁護士に相談をするメリット

交通事故に係わるトラブルを早期に解決するうえで、経験豊富な弁護士に相談をすることはもちろん、様々な立場の人の成功事例に目を通しておくことが大事です。 現在のところ、交通事故のサポートが行き届いている法律事務所のメリットについて、数多くの媒体で取り上げられることがありますが、短期間のうちに便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

そして、交通事故の対応の仕方に関しては、それぞれのケースによって、大きな違いが見受けられますが、早期になるべくサポートの内容が充実している弁護士を見つけることがコツです。

交通事故弁護士に相談するタイミングとは

交通事故弁護士はその名の通り交通事故の案件に特化した弁護士のことです。どのようなことを行ってくれるのかというと、①保険会社との交渉②被害者もしくは加害者との交渉を自分の代わりに行ってくれます。

特に自分が加害者になってしまった際には保険会社との交渉で揉めることが多いため、そんな時に相談すると、スムーズに交渉が進むことがあります。相談をはじめるタイミングですが、事故が起きてから早ければ早いほどいいとされています。交渉が一度こじれてしまってからそれを紐とくのはとても難しいです。もしやり取りが上手くいかなそうだなと感じたらその時点で依頼すると問題なく進んでいくことが多いです。

頼りになる交通事故弁護士

大阪や千葉などの都市をはじめとして、交通事故弁護士が在籍する専門機関は数多く存在しています。交通事故に巻き込まれてしまった場合、当事者同士の交渉がトラブルなく進められることに難しさを感じることもあるでしょう。

保険会社を通じて提示された賠償金額や慰謝料に対して、納得ができない場合や、正しい基準額を知りたいといった場合には弁護士への相談を行う事が重要です。自分が不利益にならないよう図ることだけでなく、怪我を負ってしまった際に掛かる費用を取り戻したり、仕事などへの影響を考慮してもらうなど、トラブルを避けるためにも是非利用したいものです。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故についての相談に関する情報