交通事故は弁護士相談~一人で悩まず早期解決を目指そう!~

交通事故による慰謝料の交渉から請求まで弁護士に相談して早めの対応を。

交通事故慰謝料を弁護士基準にするメリット

交通事故慰謝料を弁護士基準にするメリットは、被害者の肉体的、精神的苦痛に見合った内容となることです。自賠責基準では、被害者が被った肉体的、精神的苦痛に個々に対応して、交通事故慰謝料を算出するということはしていません。事務的機械的に決めています。入院も通院も同じものとして扱われますし、重傷でも軽傷でも関係ありません。交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があり、入通院慰謝料に関しては、重傷者のほうがむしろ不利な状況にあります。重傷者には、後遺障害慰謝料で手厚く補償するという形にも見えます。

 一方弁護士基準では、入通院慰謝料に関しても、重傷者に手厚い基準を設けています。通院よりも入院のほうが、慰謝料が高くなりますし、けがの重傷度によっても慰謝料額が変わります。後遺障害慰謝料の額自体も、自賠責基準より相当高く設定されています。重傷の被害者にとって慰謝料が、被った苦痛を反映したものになることはもちろん、慰謝料の額自体が相当多くなるというメリットがあります。重傷の場合は、生涯にわたって後遺障害を背負うことになりますから、損害に見合った慰謝料を得ることは当然であり、その当然のことがかなうということになります。

交通事故慰謝料を弁護士基準にするデメリット

交通事故慰謝料を弁護士基準にするデメリットは主に時間とお金です。 交通事故慰謝料をどの弁護士に依頼するかの選定には多大な時間を費やします。弁護士といえど人ですので、さまざまなタイプがいます。その中で自分が信頼できる人を選ぶにはそれ相応の時間がかかります。また、弁護士によって依頼料は異なります。自分の出せる額の弁護士を探すのには苦労を必要とします。

実績のある人ですと、それ相応に高いです。かといって経験未熟な人に頼めば費用対効果が悪くなるときがあります。また、せっかくみつけてもその弁護士に「できない」と断られることもあるので注意しましょう。

加えて弁護士に依頼すると依頼料がかかります。そのため、依頼料分だけ依頼をしない場合と比べて損することになります。最悪の場合、弁護士に頼むことで赤字になることもあります。弁護士に頼むことで、本来の慰謝料よりどれだけ多くもらえる可能性があるのか、その金額は依頼料よりも多いのか、などさまざまなことを考慮した上で弁護士に依頼しましょう。 このように交通事故の慰謝料を弁護士に依頼するときにはデメリットも存在します。自分の時間と費用と相談して依頼するかしないかを決めましょう。

交通事故慰謝料を引き上げるため弁護士基準にしよう!

交通事故慰謝料は、被害者が弁護士をつけない場合は、自賠責基準によって支払われます。自賠責保険は、膨大な数にのぼる交通事故被害者が、最低限の補償が受けられるための制度であり、実情に見合った額とは言い難い面があります。実情に見合った交通事故慰謝料というのは、裁判で判断されます。その判例をもとにしているのが弁護士基準ですから、ほとんどの場合、自賠責基準によって算出する額よりも慰謝料額は高くなります。

 誰しも、弁護士基準による実情に即した慰謝料額としたいところですが、この基準が適用されるのは、弁護士をつけた場合だけです。本人訴訟をすることもできるものの、加害者側が任意保険会社である場合は、なかなか難しい面があります。交通事故は極めて専門性が高い分野であり、裁判では任意保険会社の顧問弁護士が相手となります。

弁護士であっても、普段交通事故を扱い慣れていないと対等に渡り合うのが難しいくらいですから、本人訴訟は避けたほうがいいでしょう。交通事故専門の弁護士に頼ることが望まれます。交通事故直後から専門の弁護士に依頼していれば、裁判をすることなく、示談の場で任意保険会社から提示されていた慰謝料額を引き上げることも可能です。

交通事故慰謝料と弁護士基準の関係

むちうちによる後遺障害の交通事故慰謝料の請求をして、保険会社から自分が請求した金額よりも低い金額が提示されたとしてもそこで諦めてはいけません。自分が今まで通り働けなくなってしまった際には今後の生活に大きく関わってきます。

そんな時に強い味方になってくれるのが弁護士基準と呼ばれるものです。こちらは実際に起きた交通事故で保険会社などが支払った金額などがまとめられており、それに基づいて「このケースの場合は」といった感じに改めて請求をすることができるものです。任意保険は基本的に審査が厳しくできており、自分が希望する金額をもらえることはほとんどありません。

交通事故慰謝料の弁護士基準の詳しい内容について

交通事故が起こってしまった場合に、大きな衝撃とともに首を打ってしまったりして、むちうちになってしまう可能性があります。むちうちは一見軽い症状にも思えますが、後から痛みを伴ってしまったりして後遺障害の可能性を秘めていますので、注意が必要となる怪我になります。

しかしながら、後遺障害に認定されると、交通事故慰謝料の金額も引きあがることとなります。交通事故慰謝料には基準がいくつかあり、一概には言えませんが弁護士基準が高いと言えますので、慰謝料をもらう場合には、そのあたりを意識してみることが大切になります。

正しく受け取りたい交通事故慰謝料

思わぬ交通事故の発生により、交通事故慰謝料の請求が必要となった場合、当事者同士での解決がスムーズに行われないケースも多く見受けられます。弁護士への相談や業務依頼によって、当事者同士ではなかなか行うことができない内容での条件交渉が進められます。

弁護士基準として慰謝料が請求できるなどのメリットがあり、当事者だけで取り扱われる場合よりも、多額の慰謝料が設定されることもあります。提示された金額が妥当であるかどうか、法律に基づいた判断が可能となり、被害者の方にとっても損することなく慰謝料を受け取ることができます。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故の慰謝料相談に関する情報